もうすぐ梅雨入り!?

こんにちは!ピッピ学童保育です!

6月に入り小学校が再開、分散登下校が始まりました。これまで家でじ~っとガマンしていたこどもたちは、どんな顔をして道を歩き、教室に入り、授業をうけているのでしょうか。 大人は心配かもしれませんが、こどもたちは意外に大丈夫!それなりに毎日を過ごしているように見受けられます。学童に「ただいま!」と帰って来る時も汗だくで笑顔満タン「これから何しよっかなー!」という雰囲気がみなぎっています! とはいえ・・・まだまだコロナは終わったわけではな~い。手洗い、マスク、消毒、検温はスタンダードに続けています。5月後半から徐々にこどもたちの利用が増えて、学校が始まった6月1週目はだいたい12~14人が学童に来ています。

そこで 室内ばかりに居ては「過密だー!」と、テントを張って外遊び!

テント張ったどー!トランプやろーっ!

ジメジメして「そろそろ梅雨だなぁ」と感じるこの時期、あじさいがとてもウツクシイ!ですよね。

漢字で表すと「紫陽花」 読んで字のごとく、太陽の日を浴びて様々な紫色の花を咲かせています。学童お気に入りの紫陽花参道にテントを持って出発進行!

シロツメクサのかんむりに紫陽花のお花~

おやつも食べたし「鬼ご」もやろ~!

大人は付いていくのに必死です。紫陽花眺めて、シロツメクサのかんむり作って、すいとうのお茶飲んで、ほっとしてるだけでも楽しいのです。

「隠れ鬼やるぞ!」最初はぐー、じゃんけんぽん

別の日にはこんなことも。

「近所おもしろ巡り」農家の直売所、安くて新鮮でおいしいです。スーパーじゃなくてこういうところで買いたい!! 農家のおばちゃんと会話「あんたたち買い物!?」「細かいお金がないからおつり下さ~い」なんてのがとても楽しい。こどもたちの方が案外こういう場所を知っているのです。

「安ーっ!」「ここ古いにおいがするよぉ・・・」笑

公園以外にも神社や川沿いやおばけトンネルや。。。 コロナなんてぶっとばせ! 手洗いしながら、 マスクしながら、消毒しながら、学童保育は楽しんでいます!   それではまた!

次の記事

雨ふりの隙間で