本日、まちの台所でたすきリレーが・・・。

わたせハウス開所当初からみんなのお茶を温め続けて7年。この頃では夕方まで仕事を全うすることが難しくなっていた「象印せいたかポット」君から、新人の「丈夫で長持ち超コンパクトボディ」君に本日、無事にたすきがつながりました。その一部始終をここにご紹介します。

あとは頼むよ、と言ってるかのような口元には安堵感の笑みが・・・

せいたかポット君、お疲れ様でした。