花壇のおはなし

寒くなりました。

りとるの花のことを少し書きます。

道から見えるりとるの案内板のところにプランターを2つ置いてあります。

先日、やっと冬の花に入れ替えました。

この花を巡る子どもたちのエピソードを2つ。

 

その1:

Sちゃんは、散歩の行き帰りに「ローズマリー」にさわるのを楽しみにしています。「いいにおい」って。最初は小さな苗だったのに、2年くらいたったので、ほんとうは広いところに植え替えたかったのですが、ここはがまん!です。

 

その2:

Aちゃんのために。赤い実のなる木を探しました。

なぜかというと、前から小さな実のなる木を植えてありましたが、Aちゃんは、

お花の前までくると、実を1つもらって、小さな手に握りしめて・・そうする  と、とことこ頑張って歩けちゃう。

たいへん!あと実が4つしかない。そこでおおいそぎ。今の季節だと赤い実は

「まんりょう」ちいさなさくらんぼのような立派な実。今日はなんと2つ取ろうとしたそうで「1つでおねがいします。」

 

そして、小さな園庭の花だんでは・・

もう植えてからずいぶん経つのに、「ちゅうりっぷ」の芽がちっとも出てこないといって、子どもたちが文句を言っているのだそうです。もう少しだから待っていてね。この花が咲くころ、2歳児さん卒園です。