ソーシャルワークネットワークを広げよう~ほっとサロン青葉の取組を伺う

ピッピ・親子サポートネットでは、法人内の各事業所で様々な困難を抱えた方たちに出会うことがあります。私たちの力だけでは対応が困難な場合もあり、地域にある様々な取り組み・社会資源をもっと知ること、他の支援につなぐ力をつける必要があると考えています。

そこで、9月15日、青葉区生活支援センター「ほっとサロン青葉」の渡邊施設長をお招きしその取組を伺うスタッフ研修を行いました。

ほっとサロン青葉は月曜~土曜日の9時半~19時半まで開所しており、相談したいとき、またふらっと出かけておしゃべりする居場所としても使うことができます。また夕食をとることもでき、区内全域に配達もしています。

青葉区内には、約30,000人の方が何らかの精神的な疾患を抱えていらっしゃるとのこと。

子育て中のママが子育てに孤立し心の病気を抱えてしまうケースもあります。その人にとって使い易い、アプローチしやすい支援を選べるために、私たちの現場でも様々な情報をキャッチし、より適切な対応ができるよう努めたいと思います。