IMGP0112 IMGP0133

5月28日、ピッピ・親子サポートネットの第12回定期総会を開催しました。

今年度の活動テーマは「場」を活かそう、「人」を活かそう。
今年4月からは、さくらの森保育園が独立して、NPO法人さくらの森親子サポートネットによる運営となり、少しスリムになったピッピ・親子サポートネットですが、青葉区内に7つの拠点(場)があり、それぞれに働く人・利用する人・ボランティアの方など関わって下さる人々がいます。
それは私たちにとっての大きな財産ともいえるもの。
それぞれの場で見えること、必要とされていること、そして面白い!楽しい!と思えることなど、人と人がつながって地域や生活を豊かにしていくことに取り組みたいと思います。

総会終了後には、県立田奈高校の金澤信之先生のお話を伺いました。
クリエイティブスルクール田奈高校では、田奈パスやバイターン、ぴっかりカフェなど様々な場・機会を活かして、若者達が高校を卒業したあと自活することができるよう、特に困難な事情を抱えた若者へのパーソナルサポートに、日々奔走されています。格差が広がっている今の厳しい社会状況の中で、一人一人の持っている可能性を「就職」という形につなげることの大事さ、困難さをあらためて突きつけられるお話でした。

私達も現場で想像力を豊かにし、必要なこと・人に寄り添う取り組みを、引き続きすすめたいと思います。
                                      2016年5月28日 
                        特定非営利活動法人ピッピ・親子サポートネット
                         理事長 友澤ゆみ子