10月17日は、ピッピ保育園で防災をテーマにしてのワークショップを開きました

横浜市立大学の三輪研究室からの呼びかけを頂いて、まち歩きのワークショップを始めてから早4年がたちました。学生さんたちと子どもたち、保育スタッフ、そして地域の方たちにも参加いただいての取組みの積み重ねを三輪先生のスライドで振り返り、この取組みが、保育所という社会資源を地域にひらいていくことの意味を保育所側と地域の皆さん双方で深めたり広げたりする取組みなのだと確認できました。
昨日は稲垣景子先生からは横浜市内の地域別の災害弱者率など興味深いデータも示され、またクロスロードゲームではとっさに究極の選択をしなければならない非常時を身近に感じるディスカッション。
 ピッピ保育園は小さな保育園ですが、地域にひらく一時保育室があることを活かし、いざという時に子育て中の家庭や在宅避難者への情報提供や相談スポットとして役割を果たせればと日頃からメンバーと話しています。
今後、準備を進めていきます。