1月15日、ピッピ・親子サポートネットでは、さくらの森保育園、ピッピ保育園、障害児居場所づくり事業となりのいえ、ピッピおやこの広場はっぴいなどのスタッフが集まり、共同研修を行いました。
 鎌倉市での自主保育の様子を3年間とり続けた映画「さあ、のはらに行こう」の上映と、この映画から得られる気づきを元にディスカッションするという研修です。
 この映画は、鎌倉の谷戸の自然の中で子どもたちが、自然との関わりを通じて、子ども自身の力で育って行く様子が生き生きと記録されています。
 保育の仕事をする中で、子どもの育ちを大切にするために大人の関わりをどうするか、手や口を出しすぎないように、でも安心・安全に過ごしてほしい・・様々な場面で、悩み迷う事もあります。
 今回の研修では、大和市で認定保育園を行っているNPO法人ワーカーズコレクティブもこもこの皆さんも参加して下さり、映画を見た後でのディスカッションは、活発な意見交換がされました。
 こんな研修を通して、よりよい日々を子どもたちが過ごせるように、皆、努力したいと思います。