4月は、新たな仲間を迎えるとき、そして、新たな世界に飛び立つ人を送り出すとき、でもあります。

ピッピ学童保育で、昨年、指導員としての仕事を新鮮な感性で担ってくれたSさんが、北の大地に向けて飛び立ちました。
パートナーとの新たな生活を、きっと彼女らしいやり方でつくっていくことでしょう。

飛び立つにあたり、ピッピ学童にうれしいプレゼントをもらいました。
アクリル絵の具で描いた「スケボーにのったピッピ」です。
なんだか、わくわくする絵です。
早速、ピッピ学童保育の壁にかざってあります。
                         (友澤  記)