多様なニーズに応える一時保育は、待機児問題へのひとつの解決策

子どもたちとジグソーパズルをしながら意見交換
子どもたちとジグソーパズルをしながら意見交換
 子ども子育てビジョンの策定責任者である福島内閣府特命担当大臣、そして就任後、子育て支援に力を入れると宣言された林市長。
 3月12日、ピッピ保育園は、この2人の女性リーダーの視察を受けました。突然のことでしたが、現場をご自分の目で見ていただくことは大歓迎です。
 夕方の時間帯、子どもたちはお昼寝のあとのおやつも終わり自由遊びの最中。一緒にジグソーパズルで遊ぶ一こまもありました。

 ピッピ保育園は、30人規模の小さな保育園ですが当初から一時保育の受け入れ枠を15人〜20人とすることで、いわゆる「認可保育園の入園要件」から外れる方たちの預かり支援に取り組んできました。一時保育を使われる理由は、本当に様々です。でも、この受け皿がたくさんあることで、今の「待機児」問題はかなり受け止められるのではないかと思っています。福島大臣や林市長には現場を見ていただきながら、このようなお話をしました。

 視察後のお二人の会見では、今後、ぜひ横浜市とコラボレーションしたい、とか、多様な保育ニーズに応えるための独自の取り組みに「横浜特区」のような考え方もあるなどの発言もあり、今後も現場からの発信を続けて行かなければと意を強くしました。
 直前に福島大臣は「となりのいえ」にも立ち寄られることが可能となり、山田副市長とともに、学童保育や居場所の子どもたちとも交流。横浜市独自の「障害児の放課後の居場所づくり事業」の現場も見ていただきました。
                               (NPO法人ピッピ・親子サポートネット 友澤ゆみ子)