ピッピ学童の子どもたちの書き初め〜いつになく静かに集中して・・
ピッピ学童の子どもたちの書き初め〜いつになく静かに集中して・・
 今年、4月には、市が尾みんなのいえのピッピ保育園が開園して6年目に入ります。
 子どもの育ちを支え合い、大人も子どももその人らしく暮らせる地域社会をつくりたい、その「まど」を開いた保育園をもちたいと、私たちは横浜市認可ピッピ保育園を始めました。
 地域の皆さまや、多くの支えて下さる方たちのおかげで、ピッピ保育園にはたくさんの方たちが来て下さいました。そして、私たちは、子どもたちからたくさんのことを学び、新たな「必要なこと」に取り組んでくることができました。
この5年間を振り返ると
2004年2月22日 特定非営利活動法人ピッピ親子サポートネット設立総会
2005年4月1日 横浜市認可ピッピ保育園を市が尾みんなのいえ1階に開園
2006年8月   青葉区市ヶ尾町にフリースペース・寺子屋「となりのいえ」開設
2007年4月1日 「となりのいえ」でピッピ学童保育となりのいえスタート
2007年10月1日 横浜市障がい児の放課後の居場所事業となりのいえスタート
2008年9月1日 ヘルパーステーションみんなのいえ開始(訪問介護、居宅介護、チャイルドケアなどの独自事業)
2009年3月  となりのいえの引っ越し(広い場所へ!)
2009年4月1日 ピッピ学童保育が横浜市の補助事業として20人規模でスタート

 そして今、ピッピ保育園から、親と子が集える、そして一時預かりのできる場所づくりに向けてプロジェクトが動き始めています。名付けてはっぴープロジェクト。
 具体的な場所や、内容については今後お知らせして行きます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

    特定非営利活動法人ピッピ親子サポートネット 理事長 友澤ゆみ子