ピッピ保育園では、5年前から横浜市立大学の三輪研究室と協働し、保育園が地域と様々なテーマでつながる「まち保育」をテーマにしたワークショップを続けています。

1月13日(金)は「防災」をテーマにしたまち歩きの日、
グループに分かれてまちの防災マークをチェックして歩いたあと、いずみ公園で防災グッズ体験でした。

荏田西保育園のお友達、りとるピッピやピッピ保育園の一時保育利用の親子参加などなど大勢の皆さんにも参加いただき、荏田西地区地域防災拠点を運営しているおじさん達(役員の皆さま)に説明してもらってのトイレ体験、発電体験、そして非常食も試食。

青空のもと楽しく有意義な時間でした。こんな経験が積み重なっていざという時に慌てず適切に動けるといいですね。